痔になりやすい

痔になったときに注意すべき点

現代人は昔に比べて痔になりやすいといわれています。デスクワークでパソコンを長時間見続けることで、ずっと座りっぱなしであったり、食生活の乱れなども深刻なのです。現代人は野菜の摂取量が非常に少なくなっているのです。それはインスタント食品、コンビニ弁当、ファーストフードなどに食生活を依存する傾向にあるからです。そのため食物繊維不足が深刻で腸内環境が悪玉菌で一杯になり、便意を感じにくくなり便秘になるのです。便秘も長期に渡ると、便が固くなって排便が困難になるのです。無理に力み排便しようとして肛門が切れ、痔になってしまうのです。痔になったときは、それ以上悪化しないように注意し、ケアすることが大事なのです。

知っておくとよいこと

悪化させないためには、先ずは患部をぬるま湯で清潔に洗い、温め血行を浴することが大事です。患部が不潔であると感染症を患い、いぼなどができ痔を悪化させることになるのです。そして薬局で売られている専用の軟膏や坐剤を注入し、止血や痒み止め、炎症を抑えるようにするのです。また痔になった場合は、腸内環境を改善することに最大限努めることが大事です。そのために食物繊維や乳酸菌が豊富に含まれたサプリメントなどを習慣化するのも良いのです。また最近では酵素ドリンクなどでも腸内環境を善玉菌の好環境に整えてくれ、腸の正常な蠕動運動が見られるようになり便意を感じやすくなるのです。また度々痔になる人は、水分摂取が不足していて便が固くなる傾向があり、そのことで便が肛門を刺激し痔になることもあるのです。そのため水分摂取を小まめに行うことも大事なのです。